自転車シェアの体験談

ここまで来た自転車シェアリング

今や都内などの人口密集地での重要な移動手段となっているのが自転車です。

しかし一方で自転車は駅前の放置自転車や自転車泥棒など自分で所有するリスクが高くなっています。

そこで最近注目されているのが、各駅ごとに利用をすることができる自転車シェアリングというサービスです。

もともと自転車は観光地などでのサイクリングのためにレンタサイクルというサービスが展開されてきましたが、ここ最近では普段の町乗り用としてシェアリングできるようにサービスが提供されています。

観光地などのレンタサイクルではまず最初に受付のある場所で貸し出し時間を決めて申し込み、時間内に同じように戻ってくるという方法がとられています。

ですが町中で使用する自転車シェアリングではそうした方法から数歩進んだ、より利便性の高い方法がとられています。

中でも港区の自転車シェアリングサービスは最先端の機器を導入した優れたものとして全国的にも注目を受けています。

利用者はレンタルした自転車を借り受けた場所に必ず戻さないといけないということはなく、エリア内に複数あるポイントに戻すようにすればOkであるなど自由度が高いものとなっています。

広がるコミュニティサイクル

自転車シェアリングサービスの一つとして今多くの場所で使用をされているのが株式会社IHIエスキューブが提供している「コミュニティサイクル」というサービスです。

これはそれぞれの都市の主要駅を中心にして、最寄駅や近隣のショッピングセンター、オフィス街といった人が多く利用する場所に駐輪スポットを作ってそこで使用できるようにしています。

いわば第二の公共交通機関といった感じで、利用者は自分が乗りたいところから降りたいところまで自由に自転車を使用していくことができます。

私自身も現在住んでいる駅近くにこのコミュニティサイクルのスポットがあるのでよく利用をしているのですが、バスのように待ち時間を気にすることもなく、タクシーのように高い料金んがかかるわけでもないので大変重宝しています。

自転車というのは買うことそれ自体はそんなに難しくないのですが、ちょっと長く乗らない時間があるとすぐにタイヤの空気が抜けてしまったり、本体がさびてしまったりといった問題が起こってしまいます。

またいちいち盗まれないようにロックをするという作業も案外面倒なもので、少しくらいならいいだろうと油断していたらあっという間に盗まれたということを経験してしまっては新しく自転車を買いたいという気持ちもだいぶ薄くなってしまいました。

それに自転車を持っていたとしても毎日のように乗るわけではなく、月に数度くらいしか使わないとなると持っているのもちょっと面倒だなという気になってきます。

なので気分的に「今日は自転車に乗りたいな」と思ったときにだけ利用できる自転車シェアリングはとても便利で私に向いています。

運動不足解消にもなり地球にやさしい

私が自分で自転車を持っているよりお得だなと思うようになった理由のもう一つが、駅前での駐輪自転車の撤去がかなり厳しく行われるようになったということです。

前々から駅前周辺は通勤通学に使用する自転車がたくさん駐輪されるようになっており、狭い駐輪場ではほぼ重なり合うように止められていたというのがそれまでの実情でした。

当然駅前の歩道にもたくさんの駐輪自転車があって、点字ブロックをふさいだり古い自転車の部品に服や体をひっかけてしまうことがあるといった問題もありました。

そこでここ最近では正規の駐輪場以外の場所に止めてある自転車はその日のうちに撤去されるなどかなり厳しい対応をとられており、たまに駅前周辺に自転車で出かけるとかなり遠い場所から歩かないといけないという状態になっていました。

その点自転車シェアリングでは駅前の近いところに貸し出し口はありますし、いちいち戻ってこなくてもよいという利便性があります。

特に自分で気に入った自転車に乗りたいというこだわりがある人以外はこうしたサービスを使用した方が自分で買うよりもずっと得なんじゃないかと思います。

« Previous Entries