SNSの台頭

どんどん増えるSNSサイト

インターネット上は最も多くの人がシェアできる場所なのですが、近年では掲示板とチャットの中間に位置しているような存在であるSNSサイトを利用する人が増えています。
SNSサイトと言って思い浮かぶのは、やはりツイッターやフェイスブックでしょうが、他にもいろいろなSNSサイトが存在しています。
その目的もさまざまで、普通に色々な人と交流したいという人も利用していますし、商用サイトの宣伝ツールとして利用している人もいます。

また、芸能人や政治家などもよく利用しているのですが、自分を売り込むのにもSNSサイトというのは頻繁に使われているのです。
このように利用目的は多数あるのですが、中にはごく少数の人しか利用していないようなサイトもあります。
しかし、人によっては大人数の人が利用しているツイッターやフェイスブックでは全くコメントが寄せられないので、わざと少人数で書き込みを発見しやすいSNSサイトを利用する人もいます。

SNSサイトというのは掲示板やチャットに比べてかなり便利になっているのですが、掲示板というのは新たに書き込んだ人が上位に表示されるので、書き込む人が多いと自分が書き込んだ内容が埋もれてしまい、誰の目にも留まらないという場合があります。
チャットの場合にはリアルタイムで対応する必要があるので、暇なときにしか使うことができません。
その点SNSサイトであれば、ちょっとでも時間があれば利用できますし、人数が多くて書き込みが多ければ埋もれてしまう場合もあるのですが、掲示板よりも比較的簡単に書き込みを発見できるというメリットもあるのです。

SNSサイトには問題もある

最近増加傾向にあるSNSサイトにもいろいろな問題があります。
1つ目はスマートフォンからでも気軽に利用できるため、歩きスマホをする人がかなり多くなっている点です。
もちろん歩きスマホをしている人の全てがSNSサイトを利用しているというわけではありませんが、文字を打ちながら歩くというのはとても危険なことだと言えるでしょう。

実際に歩きスマホが原因で事故が発生している例もあるので、やはりスマートフォンを利用するときには邪魔にならない場所に立ち止って利用するか、ベンチなどに座って利用するべきでしょう。
そして2つ目はSNSサイトを利用した誹謗中傷です。
誰かが書き込んだ内容が自分の意見と異なっていると、無理やり論破しようとする人間がいるので、大量に相手をののしるような文章を書き込む人も存在しています。

これだけならまだよいでしょうが、中には個人情報を勝手に公開する人、他人を名指しで誹謗中傷する人などがいます。
やはり個人情報を勝手に公開して誹謗中傷をするというのは犯罪なので、決して行ってはいけません。
このように問題もあるのですが、やはり便利なツールとして今後もSNSサイトを利用する人は増えていくでしょう。

« Previous Entries